My Heartbeat Packet

ゲーム日記、つまり生存報告

Hearthstoneのカードテキストにおける「対象」表現の個人的なまとめ

まだ初めてばかりなので全然カード揃ってないです

 お久しぶりです。
 最近は、「Hearthstone」というBrizzard製のカードゲームで遊んでいます。

あと1試合だけ……。Blizzard初のカードゲーム「Hearthstone: Heroes of Warcraft」は,やめどきが分からなくなる危険なゲームだった (4Gamer.net)

 「Hearthstone」は対人対戦メインのネットゲームであるにも関わらず1ゲーム10分程度で終わるスピーディーな展開が最大の魅力。またiPad版もリリースされているので、ネットさえ繋がっていれば電車の中でも仕事の合間でもどこででもちょっとした空き時間で手軽に遊べるのが、個人的には嬉しいですね。
 あと無料で遊べるのも嬉しい(重要)。

 そんな感じでとても楽しいゲームなのですが、現在の(日本人にとっての)唯一の問題点は、まだ日本語版がリリースされていないため、カードテキストの英語を読んで理解しないといけないところです。Magic:the gathering(以下M:tG)の英語版を触ったことがある人ならすぐに読めるレベルではあるんですけど、M:tGと比べると「能力の対象」の表現方法に癖があるなと感じました。

 例えば Magic:the gathering の場合、1つの対象を取るダメージ呪文は「deals 2 damage to target creture or player.」といった感じで、

  • 何を対象にして (target creture or player)
  • 何を行うのか (deals 2 damage)
 が明確に書かれており、また同じ効果を発揮するカードは全て同じ表記で統一されているので理解しやすいのですが、Hearthstoneはカードテキストがまだそこまでこなれていない印象を受けます。表記が簡略化されていたり、同じ対象を取る似たような能力でもテキストの表現の仕方が異なるものがあったりします。

 例えば、上記の「deals 2 damage to target creture or player.」という能力を持ったカードは、Hearthstoneでは単に対象を省略して「Deal 2 damage.」 と書かれます。自分の場合、初めは「これは相手のヒーローに打ってもいいの?」と戸惑ってしまいました。

 なので、とりあえず Hearthstone のカードテキストにおける「対象」の表現についてまとめてみました。

まとめ

  • "Deal 4 damage", "Restore 2 Health" など、カードに対象が明記されていない場合は、ミニオン・ヒーロー共に対象にできる。
  • カードの能力が特定の対象を取る場合、対象に取れるものとして以下のどれかが書かれている。
minion(s)ミニオン。複数形なら複数のミニオンあるいはミニオン全体
種族名
(Beast/Demon/Murloc/Pirate/Totem)
その種族に属するミニオン限定
heroヒーロー
weapon武器
character(s)ミニオンかヒーロー。複数形なら両方
enemy(enemies)対戦相手のミニオンかヒーロー。複数形なら両方

対象をより具体的に修飾する表現としては、以下のものがある。

friendly 〜, your 〜あなたの〜
enemy 〜対戦相手の〜
a/an 〜1体の〜
all 〜すべての〜
random 〜ランダムで選ばれた〜
other 〜これ以外の〜
adjacent 〜隣にいる〜

具体例

テキスト対象カード例
a minionミニオン1体Hunter's Mark
all minions全てのミニオン
自分のミニオンも影響を受ける場合は "ALL" と大文字で強調している
Whirlwind
a friendly minionあなたのミニオン1体Power Overwhelming
an enemy minion対戦相手のミニオン1体Corruption
another random friendly minionこのミニオン以外の、ランダムで選ばれたあなたのミニオンBlood Imp
random enemy minion(s)ランダムで選ばれた対戦相手のミニオンForked Lightning
your minionsあなたの全てのミニオンBloodlust
all enemy minions対戦相手の全てのミニオンArcane Explosion
adjacent minionsこのミニオンの隣にいるミニオンFlametongue Totem
minion(s) next to itこのミニオンの隣にいるミニオンBetrayal
either side of this minionこのミニオンの隣にいるミニオンVoid Terror
   
a friendly Beastあなたのビースト1体Houndmaster
your Totemsあなたの全てのトーテムTotemic Might
Your other Beastsこのミニオン以外のあなたのビーストTimber Wolf
All other Murlocsこのミニオン以外の全てのマーロックGrimscale Oracle
   
friendly characterあなたのミニオンやヒーローRockbiter Weapon
enemy character対戦相手のミニオンやヒーローFrost Shock
all other charactersこのミニオン以外の全てのミニオンやヒーローDread Infernal
   
your heroあなたのヒーローBite
enemy hero対戦相手のヒーローMind Blast
   
your weaponあなたの装備している武器Deadly Poison
your opponent's weaponあなたの対戦相手の装備している武器Acidic Swamp Ooze
   
all enemiesあなたの対戦相手のミニオンとヒーローBlade Flurry
a random enemyランダムで選ばれたあなたの対戦相手のミニオンかヒーロー1体Knife Juggler

 特に「このミニオンの隣にいるミニオン」はこのゲーム独特の概念で、またカードによって書かれ方が違ったりするので、最初は戸惑うかも知れません。

 ただ Hearthstone は、対象が不正だった場合はちゃんと「こいつは対象に取れないよ?」って教えてくれたり、そもそも対象として選べなかったりするので、まあどのカードも一度使ってみれば理解できると思います。
 この記事の存在価値を自分で毀損して終了。


アップル iPad mini Retina Wi-Fiモデル 16GB ME279J/A [シルバー]

iPadは最強のHearthstoneプレイ環境(マジで)